スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書店のあり方

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.14 「書店のあり方」

今日は、まじめな話。

いや、毎回まじめにしてるんですが。

今日は定休日なので。
のんびりこんな時間に更新。

さて。

最近、気付いたこんなこと。

最近は、本の発注もインターネットでできます。
で、ネット上で在庫がありませんってなってる本が。
アマゾンや楽天では平気で売られている光景を時々目にします。

調べ足りないだけかもしれませんが。
ダイヤモンドさんや日経さんなど大手に多い気がします。


通販では買えて、書店が発注できない商品の特徴は。

経済書や経営書、マーケティングなどの内容が濃くて本自体が分厚いものが多いように思います。

書店でも売れるのですが。

書店で売れ数が伸びるのは、もう少しライトな自己啓発やわかりやすい会計、ノート術などになります。
そういう本はすぐに増刷がかかって、発注制限も特にかかりません。


こういう現象から思うに。

出版社さんが書店とのあり方を見直そうとしてるんじゃないかと思えます。


正直、少し専門的な本になると。
書店で内容を読んでみて。
という人よりも。

アマゾンや楽天で済ませる人が多いのではないでしょうか。

時間がある人なら、本屋で立ち読みして中身を吟味できますが。
時間のない人は、ダイヤモンド社だから日経だから東洋経済だからということで。
ネットで頼む人が多いんじゃないでしょうか。

勝間さんもご自身の本の中でおっしゃっていますが。
「本は値段にその内容が比例する」と。

であるなら。

多くのビジネスマンがその認識を持っていてもおかしくないですし。
とりあえず買うという人も多いはず。

さらに。

書店において立ち読みされて本が痛むリスクを取るより。
本当に欲しい人だけが頼むネット通販のほうがリスクも少ないと考えるのが自然。
高い本ならなおさら。
それにネット通販は現在配送無料がほとんどですから。
1500円以上としているところもありますが、ビジネス書は1500円は簡単に越えますので、一冊で。

ということは、買いたい人に買いたい分だけ売れるネット通販を書店より優先することはあり得ます。
それに。
専門書をたくさん置いている大型書店にしても。
目的の本を買いにいって、別の本を買ってしまう人が多い。
つまり、書い手の思考を読みにくいこともあるかと思います。

人というのはどうしても常に「他にいいものがあるんじゃないか」と考えてしまいがち。

だから、めっちゃいい本を買いに行くと心に決めていても。
違う本についつい手を出してしまって。
そっちを買うこともある。

リアルな書店だからこそあり得ること。


調べたわけでも、出版社さんに聞いたわけでもないですが。

そういう認識へ出版社さんも変わりつつあるんじゃないでしょうか。

じゃあ、書店は意味ないのか。
そんなことはありません。

書店の良さは、買いたい本+よさそうな本があったから、「ついでに」買っておこうということがあります。

世の中、人が本当に必要なものだけを買うようになったら、利益出ません。

ついでにとか。
こんなのもあるんだとか。

ついでに、買う。

これが積み重なって大きな利益を生むのだと思います。

だから、書店のあり方は。

ふらっと寄った人が手にとりやすく。
立ち読みでも、その本の良さが伝わる。

少しライトな本とでもいいましょうか。

ネットでは売り伸ばすことに限界がある商品を中心にすえる。
茂木さんの本なんてその典型でしょう。

話題になった→とりあえず書店で読んでみてって流れだったはずです。

手にとってこそ売れる商品。
たとえば、こんな本。
「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
この本は、チェーンで僕の店がダントツ一番に売ってます。

ダイヤモンド社さんにもたくさん入荷させていただいてます。

でも、楽天だと売り切れになってます。

こういう本はネットで売りにくく、手にとってもらって「ええやん、おもろいやん」って思ってもらってなんぼだと思うんです。

もちろん、ネットでよく売れる本も置いておく必要があると思います。
その辺はバランスだと思いますが。


書店のあり方の未来は。
手にとってもらってなんぼという本をきちんと見抜いて。
どれだけその本とお客さんとの出会いを演出できるかにかかっているんじゃないでしょうか。

なんて、偉そうなことを書いてみました。
スポンサーサイト

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

tag : ダイヤモンド社

久しぶりの佐伯大輔のコラム

佐伯は、小室淑恵さん推進委員会の会長を務めています。

もちろん、自称ですが、何か!?


小室さんをすすめる理由は、美しいから!!

ということもありますが。


小室さんの理念というか、考えがこれからの社会に必要だと思うからです。


それは、仕事とプライベートの両立

でも、厳密には両立とは違うと思います。

両立って二つが切り離されてて、どっちもうまくやることじゃないですか。

じゃなくて。

小室さんは、プライベートが充実すれば仕事が充実するし、仕事が充実してもプライベートも充実できるようなシステムを経営に取り入れた方といえるのではないでしょうか。

当たり前ですよね。考えてみれば。

奥さんとけんかして朝出てきた人が、機嫌よく会社で働けますか?
不機嫌で無口になるか、最悪、下っ端に当たったりしますよね。


そうすると、下っ端はその人に反発する。
仕事にひずみが出てきて、ほうっておくと手遅れに。


これって、けっこうどこの会社でもあるんじゃないですか??

社員のプライベートをコントロールするっていうと聞こえが悪いですが。


社員のことを考えるという面と、実益的な面から考えて。

仕事とプライベートのバランスを取ることを前提に会社を運営されてる小室さんは、今、日本が最も必要とする経営者の一人ではないでしょうか。

いいすぎか。

僕は本屋ですが、どんな職業でも世界を変え得る力を持っていると思います。

もちろん、すぐに180度変えることはできませんが。

本屋にできることは、いい本をたくさん売ることではないでしょうか。

僕は周りには「小室さんの本を売り続ければ、サインをしに当店に来てくれるんじゃないか。かわいい小室さんに会うために頑張る」と言ってます。

半分そんな気持ちはありますが。

半分は、いい本をお客さんに届けたいという思いがあります。
もちろん、売れるという計算もありましたが。

今、日本は様々な問題を抱えています。
一番多いのは誰かを傷つける人が多いからです。

解決する方法は二つ。

警察官を増やして、かたっぱしから刑務所にぶちこむ。

もう一つは。

幸せな人を増やして、相手を傷つける必要性をなくす。

どちらがいいですか?

僕なら後者です。

幸せな人を増やす方法。


仕事もプライベートも幸せな人を増やすことがいいですよね。


書店はもちろんベストセラーを追っかけます。

だけど、どっかで踏ん張って、青い言葉で言うなら、世の中に役に立つ本を売ってやる。という気持ちもあります!!


しつこくしつこく書店が売ろうとしている本があったら、「また、売りつけようとしてるな」なんて思わずに、じっくり手にとってみてください。

きっと、その書店が何を伝えようとしているのかわかりますから。



theme : ブログ
genre : ブログ

tag : バランス

返品

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.12 「返品」

昨日は、50冊ほど、ビジネス書を返品しました。

本が売れないリスクは出版社が負うことになっています。だから、書店で売れなかった本は返品するんですが。

ダンボールに返品する本を入れるときが、一番悲しいです。

いい本なのに。

さようなら。

心の一部を取られたような気がします。

本一冊に。
たくさんの人の思いが込められている。
それを思うととても悲しくなるんです。

ビジネス書は、本当にいい本ばかりです。
はずれはありません。

みなさん、どんどん買ってください。
僕も買います。

ビジネス書が売れる社会は上昇志向のある社会。
そして。
絶対、いい社会につながります。

また、明日も返品はすると思いますが。
一冊でも多くのビジネス書がみなさまの手に届くことを願っています。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

三省堂一位!!

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.11「三省堂一位」

三省堂書店さんで売上一位のビジネス書が発表されました。

ソロスは警告する

です。

リーマンショックのために、売れまくっているといっていい本ですね。

僕の店でも、よく売れます。

ちなみに、三省堂書店さんと教科書やらを出版している三省堂さんは別だって知ってました??

知っておくとちょっと自慢できるかもしれません。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

本一冊の重み

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.10

「本一冊の重み」

書店には毎日たくさんの本がきます。

書店の大きさは変わらないので、来る本があれば去る本があります。

一冊も売れずに去っていく本ももちろんあります。

だけど。

一つ、たとえ、お客さんでもやってほしくないことがあります。

それは、荷物を本の上に置くこと。

本に失礼です。
というか、本から何かを学ぼうという人の姿勢ではないと思います。

荷物を本の上において立ち読みしている人の近くには誰もよりつきません。

荷物を置かれている本はもちろん、その周辺の本まで売れる機会が減ってしまいます。

たかが一冊じゃないんです。
その一冊にはたくさんの人の思いがあるんです。


本の上に荷物を置いて立ち読みをする人のまわりには変な空白ができます。

その人を中心にして誰も寄り付かなくなる。

それは本屋だけの話ではないでしょう。そんな人は日常生活でも周りから距離を置かれているはずです。

みなさんは、どうですか??

本の上に荷物を置く。
なんてことをしたりしていませんか??

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。