スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ様化する子どもたちを読んだ感想

オレ様化する子どもたちを読みました。

諏訪哲二『オレ様化する子どもたち』(中公新書ラクレ)

です。

書いてある通りだなと思いました。

私も、非常に教育者の立場に近いので、
そう思います。

アマゾンだと読む価値なしとレビューしている人もいますし、
はじめにが長いとか、

よくわからないことを書いている人もいます。

しっかり、読んでほしいですね。

そして、自分もオレ様化していたなと思います。

それでも、今の子どもたちはひどいというか。

社会が子どもをつくるんですよね。
人間は個人だけでなくて、

環境で変わるもの。

だから、大変な子どもは、

そのまま大人になって、
社会を混乱させる。

もう、混乱させている。

敬語ができない新入社員。
時間が守れない。
親が出てくる。

親が会社に文句を言う時代。

オレ様化している子供。

この作者何言ってるのって言ってたら、
こっちが割を食うと思う。

もっともっと、たくさんの人に読んでほしい本だ。
スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。