スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社のデスノート 感想です 結果に驚きました


↓↓
会社のデスノート


この本は会社のデスノートというタイトルですが。

経済の近未来予測という色合いも強いものでした。


そこに、トヨタへの不安というものが書いてありました。

で、この本を取り上げた時の記事がこれ

>>>>>>>>>>>>>>
この本は、わかりやすい経済の本だ。

僕はそう思う。

たとえば、トヨタの話。

恐慌で車の販売台数は落ち込んだ。

しかし。

経済学の常識によれば。

車と言うのは現代の必需品であり、買い換えの時期が来れば買わなくてはいけないものであり。


一時的に販売台数が落ち込むのは。

買う人が全くいなくなるわけではなくて。


一時的に買うことを控える人が多いだけ。

長期的に見て、車の販売台数はまた伸びてくる。

と著者は言う。


非常に納得できる話だ。


ただ。

と著者は続ける。


需要が高まった時に。

それにこたえられる力がトヨタにあるか。

あれだけ、派手に派遣切りをしたトヨタに。
人材確保が果たしてできるか。

需要が増えたときに、他の会社の生産に追いつくことができなければ。
トヨタ王国陥落もありうると述べる。


会社は社会に貢献する義務がある。

松下幸之助さんの言葉。


パナソニック自身も偽装請負とかしてたから、さてどうなのか。ってところですが。


この本は現代の日本を考える上で、わかりやすいし、本質をつかんでいるように思える。
>>>>>>>>>>>

トヨタリコール問題。
まさに。


more...

スポンサーサイト

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

会社のデスノート 感想&レビュー


↓↓
会社のデスノート


ちょっと昔に流行った漫画にあやかったタイトル。


どうせ。


みたいな印象だった。


読んでみて、それが間違いだったことに気づく。


この本は、わかりやすい経済の本だ。

僕はそう思う。

more...

theme : 本に関すること
genre : 本・雑誌

tag : デスノート

プレゼントの経済学 感想&レビュー


↑↑
プレゼントの経済学


経済学を楽しく学ぶ読み物。

そう思って読めば。

かなり楽しく読めます。


経済は数字の動きだけじゃない。


数字とその数字に伴う人の感情のメカニズムを考えてこそ、経済なんだ。

改めてそう考えさせられました。

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : プレゼント

今までで一番やさしい経済の教科書 感想&レビュー


↓↓
今までで一番やさしい経済の教科書


公共事業。
金融政策。
ゼロ金利。
財政投融資。

ニュースに並ぶたくさんの言葉。

わかってるつもりで。

わかっていない言葉の数々。



これから、経済を勉強するときに置いておきたい一冊です。

more...

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

tag : 経済 ビジネス書

何もしないでお金持ちになる方法


↓↓
何もしないでお金持ちになる方法


こういうタイトルだとすごく勘違いする人がいるんですが。


これはリアルな話ですし。

かなり法律的な話です。


つまり、これさえ知っていれば。

かなりあなたはなにもせずにお金持ちになれるんです。

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。