スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコロジーという洗脳


↓↓
エコロジーという洗脳

税金はどんな税金も悪である

本書の一部。

強烈なビジネス書だった。

売れているビジネス書、「恐慌前夜」の著者としても知られている。
副島さんの本。

地球温暖化とCO2の関係が不透明であるにも関わらず、
CO2を悪者にし、
エコロジーという名のもとに我々から金を取ろうとする権力。

なんという強烈なビジネス書だろうか。

売れているビジネス書とか、そんなレベルではなくて。
ぜひ、一度手にしてほしい。

副島さんを信じる信じないは勝手だが。
今まで考えたことが真実ではないとしたら。

あなたは知らない間に洗脳されているとしたら。

人間を進化させるのは知への欲求だと思う。

「恐慌前夜」と並んで、ぜひ、読んで欲しい本です。

ビジネス書が売れている
スポンサーサイト

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

スティーブ・ジョブズの流儀


↓↓
スティーブ・ジョブズの流儀

アップルの社長の話です。

ええっと、かなりいかついです。

スティーブさん。

これまでの成功者のいい話を集めただけのビジネス書とはちょっと違います。

きついです。
えげつないです。
はっきりいって真似できないです。

でも、勇気をもらえます。

おまえはおまえでいい。
大事なことは。
お前がお前を信じることだ。

スティーブを長い時間取材した作者の文章がどんどん熱を帯びていくのがわかります。

お前にしかできないことがある。

ベストセラーにはならないでしょうが。

この本に魂を惹かれたと感じる人はいるはずです。

あなたに読んで何かを感じてほしいビジネス書です。

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

史上最強の人生戦略マニュアル 


↓↓
史上最強の人生戦略マニュアル

勝間和代さんが翻訳した本です。
もう、有名過ぎて今更どうこういう本ではないのですが。

「許す」
という行為が、いかにビジネスを成功させる上で大事かということがわかります。

何のことかわかりにくいですね。

お金を稼ぐノウハウではなくて、自分の感情と付き合うノウハウが書かれています。

その一つが「許す」

あなたには恨みに思っている人がいますか??
いると思います。
過去、あなたを傷つけ、あなたの恨みをかっている人が。

でも。

その感情によって一番傷ついているのはあなたなんです。

そんなのわかってるよ!!だから、苦しいんじゃないか。

その苦しさ、ちょっとやわらげたくないですか。その苦しさが今のあなたに負の影響を与えていませんか。

ビジネス書は、ノウハウばかりじゃだめだと思うんです。
ビジネス社会を戦っていくあなたの心を救ってくれる本だって必要だと思うんです。

あなたを救えるのはあなただけです。
そして、あなたを助ける一助となるのが、史上最強の人生戦略マニュアルです。

ぜひ、立ち読みでいいので手に取ってください!!

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

九州レール・レディ 


↓↓
九州レール・レディ

九州の電車を守る女性の物語。

守るというと大げさだけど。

チョースキって感覚なのかもしれない。

どんなことがあっても、そこが好きだ。

もう一度、まっすぐ見つめなおそう。
考え直そう。
自分は今の仕事をどう思ってる。

表紙の彼女の笑顔を見て、何かを感じるはずです。

それを言葉にしてみてください。

きっと、あなたが進むべき方向が見えてくるはずです。

売れているビジネス書ではなくて、僕の店が総力をあげて売れていくビジネス書にしようとしている一冊です!!

ビジネス書が売れている


theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

リーマンショックとは何か ③

リーマンショックの一番の被害とは何か。

それは、他人を信頼できなくなってしまった

ということです。

そうすると、銀行はつぶれないように融資をしぶり、企業も新しい設備投資をせずに、貯金をため込んだままにしてしまいます。

経済というのは、お金が流れることで、活性化します。

たとえば、1万円のお金が回っていた経済があったとします。

その中で、1000円の利益を上げた企業がありました。

「景気が悪くなるらしいよ。しかも、だれも信用できないよ」

という情報を耳にしました。企業はそのお金を怖いので貯めておくことにしました。

そうすると、その経済は残りの9000円で回ることになります。

経済の規模は小さくなりますよね。

企業は投資することで、新しい工場なりを建てます。
当たり前ですが、そのするとその工場也を立てる企業があったりして、御金をもらえる人が増えますよね。
お金をもらう人が増えれば、使う人が増えますよね。

銀行が貸し渋っても同じです。

銀行からお金を借りて、企業は設備投資を行うわけです。


お金を貸すのって、あたりまえだけど信用がないとできません。

その信用という行為を「頭からできない」時代をつくってしまったのが、リーマンショックの本当の怖さです。

じゃあ、そこからどうやって脱却するのか。

お金を稼ぐにもモラルがあるんだ。

企業はモラルを大事にする。
個人だってモラルを大事にするってことだと思うんです。

ちなみに、日本は。

松下さん。
本田さん。
名だたる経営者の方は、社会貢献を大事にしてきた方々です。

つまり、この時代を乗り切る力を有するのは日本何です!!

それを示してほしいなって思います☆

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

リーマンショックとは何か ②

前回で、ローンの金利が下がってローンが借りやすくなったということを書いたと思います。

そして、ローン会社は手数料をもらって儲けるわけです。

だから、ローンを組む人が増えれば増えるほど、手数料が入って得するわけです。金利が下がるということは、ローンを簡単に借りることができるということであり、貸すほうはできる限り貸さないと利益が上がらないということなんです。

で、ローン会社、御金を貸す基準を大幅に下げて、「無職」「不労」「無収入」という連中にも金を貸したわけです。そうすりゃ、貸せる相手が増えるわけで。そうすりゃ、手数料の利益が増えるわけで。

これが、「サブプライムローン」の正体です。

つまり、返せそうにないやつに金を貸してしまったわけです。

ローン会社が誰かに貸して作った債権(お金を返してもらう権利)は、銀行にわたり、銀行はその債券をいくつかまとめて、証券として株式市場に流した。

つまり、貸した金が返ってこないリスクを承知で、他人に売りまくったわけです。
そんなことをすれば、最終的に売られた会社は損をしますよね??

でも、多くの会社は知ってるわけです。今までのバブルで、倒産しかかった大手の会社には政府が融資をすることを。

破産するかもしれないとわかっていて。
国民の税金で助けてもらえると踏んで。
その場の利益を追求する。

「サブプライムローン」の問題は、お金の流れの問題だけではなくて。

利益だけを追求した人間の行き過ぎた「モラルハザード」が原因なんです。

ビジネスって、モラルとは別の世界なような気がします。
でも、モラルやら道徳やらってすごく大事なんです。

日本の有名な経営者はモラルを非常に大切にします。
だから、日本は恐慌に強い。

そろそろわかってきましたね。
「恐慌」の正体は、金を失う恐怖心ではなくて。
誰も信用できない恐怖が「恐慌」なんだと。

外国の経済書は難しい言い回しが多いですが、要するに「モラル」がなくなったということに落ち着くはずです。

売れているビジネス書を読んでぴんとこなかった皆さん。
美徳とかモラルの問題を頭に入れて、読みなおしてみてください。
すとんと落ちる部分がありませんか?

佐伯でした。

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

リーマンショックって何??

リーマンショックって、なぜ起こったのか。何が原因だったのか。

ちょっと、気になったので、調べてみました。

が、僕の足りない頭で理解したことですので。
ちょっとずつ、僕自身が整理しながら書いていきたいと思います。

まず、「サブプライムローン」ってなんのか。

最近のビジネス書の中に出てくる言葉です。

認識としては、「担保にできる財産を持たない人が組んだローン」だと思っていいと思います。

9.11のテロ以降。
アメリカの経済が停滞しそうだった。
そこで、金利が下がったんです。

金利というのは、市民が銀行からお金を借りたときに、のちのち返さなくてはいけないお金です。

金利が本当にありえないほど下がったそうです。

ということは、ただ同然でローンができるということです。

銀行からお金を借りてまで買いたい物。

つまり、家か土地ですよね。

家やら土地を買いたい人はたくさんいます。

そこに目をつけたのが、仲介会社。

ローンの貸し手と借り手の間に立つ会社です。

ここが手数料目当てに、住宅ローンの契約を取りまくった。

これがサブプライムローン問題のはじまりです。

今日は、まずここを理解してください。

また、書きます!!

経済を扱ったビジネス書ならだいたい書いてあることですが。
僕なりに解釈して書いています。
間違った部分があれば、ご指摘ください。

ビジネス書が売れている





theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

バフェットの投資原則


↓↓
バフェットの投資原則

リーマンブラザーズの再建を託された人がバフェットでしたね。

僕も最近、ソロスさんやらバフェットさんを勉強しようと思って読んでいます。

あ~、よくわからん~。

難しい。

でも、わかるようになれば。

いつか、僕も投資で大儲け。

できるのだろうか。。。。

ビジネス書が売れている


theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

行動経済学って何

ビジネス書の読み方

第4回 「行動経済学って何」

最近というわけじゃないですが、「行動経済学」という言葉をよく耳にします。

ちょっと難しそうですが、簡単です。

よく例で言われるのは、
「ビールは一口目がおいしい」

ビールを飲みたい!!って思ったとき、思い浮かべるのはビールの一口目の味じゃないですか?
つまり、ビールが飲みたくなって200円で買ったとしたら、一口目に180円くらいの価値があると考えるのが行動経済学です。

飲めば飲むほど、ビールのおいしさって減っていきませんか?
当たり前ですよね。

経済というのは人間の感情で動く。
当たり前なのに、けっこうみんなが忘れていることを考えるのが「行動経済学」と言えるのではないでしょうか。

「行動経済学」をうまく応用しているのが「和民」です。
「和民」がどうして儲かるのか。
居酒屋にしては安いのに。
理由は酒の種類が豊富。

一杯目は何でもおいしいですが。

ビールの後の梅酒。
梅酒の後の日本酒、焼酎。

一杯目の一口目には及ばないかもしれないですが、一口目のおいしさが種類の分だけ楽しめますよね。
種類があるから、あと一杯って思ってしまって。
そうしたら、あと一品って食事も頼んでしまう。

お酒の種類が豊富だと、あと一杯って飲みたくなりませんか??

人間の感情をうまく儲けにつながる仕組みをつくっている店。
たくさんあるはず。
探してみてください☆

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

関西人の取扱説明書


↓↓
関西人の取扱説明書


ついに出たか(笑)

しかも、売れるし。

取り扱われるんですよ。関西のみなさん。

関西人は気難しい。

扱いには気をつけなければいけない。

と、注意点とかを表を用いて解説してくれるんですが。。。。

そこを注意すれば、扱えるってことですか!?

ただ、馬鹿にしてるわけではなくて。

関西に根付く会社。
大きな会社ではないが、しっかりと業績を上げる関西の会社の特徴とか、なかなか濃い一冊です。

見かけたら、一度中身を覗いてくださいね☆

今、売れているビジネス書には届かないかもしれませんが、これから注目の一冊です。

ビジネス書が売れている


theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

幸せな時間の使い方

ビジネス書の読み方

第3回

「幸せな時間の使い方」

時間術には2つの意味がある。

時間を効率的に使うノウハウ



幸せな時間を過ごす方法

の2つだと、前回書かせていただきました。

今回は、「幸せな時間の使い方」
について書かせていただきます。

結論から言うと、自分が楽しくなるように時間を使う。です。

えー。という声が聞こえてきそうです。

皆さんはこんな経験ありませんか。

ある日、気合いを入れて何かをしようと決めます。
スケジュールを立てて、目標を決めて、さあ完璧。
そして、実際、スケジュール通りにやってみます。

1日、2日、うまくいきます。
3日目。どうしても見たいドラマがあって、見てしまった。
4日目。飲み会に出てしまった。会社のストレスを晴らしたい気分だったので、飲みに行った。
予定が遅れていく。ああ、もう取り戻せない。
やっぱり、自分は自分で決めた約束を守れないんだ。弱いやつなんだ。
やーめた。

みたいなことありませんか??

ハッキリ言います。

時間術の本をたくさん読んだ方はわかると思いますが、「時間術」のビジネス書を書いているほとんどの人がスケジュール通りやることに失敗しています。

対策は人それぞれです。
予備日を作ったり、余裕をもったスケジュールを試行錯誤でできるようにしたり。

でもね。

スケジュール通りできないことは悪いことですか??

どうしても見たいドラマを見て感動する。

明日から会社で働くために、パーっと飲みに行く。

それって、その時しかできないことだし、その時やらないと、自分をダメにしちゃうことかもしれませんよね??

予定通りできなかった時間があっても、自分の人生の経験として本当に無駄なのか、そうじゃなかったのか、ちゃんと考えてください。

その時、予定通りに過ごさなかったけど。

心は満たされていた。

そう感じられるなら、その時間の過ごし方は無駄じゃないんです!!
絶対に!!

幸せな時間の使い方

それは、自分を赦すということです。

甘やかしてもいいじゃないですか。仕事で頑張ってたなら。
仕事しながら別の目標を持ってがんばるってしんどいことですよ。
だから、自分を責めない。
責める代わりにあの時間は必要だった。また、今から頑張ろう。
そう思えるならそれでいいんです。

これから「時間術」に関するビジネス書を読む方に、一つだけ佐伯から言いたいことがあります。

あなたが読む「時間術」の本は、時間のノウハウ以外に、幸せな時間の使い方にどのくらいのページを割いていますか??

幸せな時間の使い方をきちんと書いているビジネス書を選んでください。
きっと、あなたの味方になってくれます。

あなたにとっていいビジネス書が見つかるように祈っています。

ビジネス書が売れている



theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

竹中式マトリクス勉強法


↓↓
竹中式マトリクス勉強法

小泉総理大臣の懐刀の竹中さんの本です。

ついに出しやがったか。

という感じです。

あんまり期待しなかったのですが、読みました。

普通にいい。
普通にいい本です。
本当に、いい言葉がたくさんあります。

「勉強は世の中を変えるためにするんだ」

竹中式マトリクス勉強法の中のぼくが一番好きな言葉です。

竹中さんは本当に勉強が好きだそうです。どうして、そんなことができるのか。

理由は簡単。
「世の中を良くする」というでっかい夢があるから。
目の前のことをひとつずつこなしながら、でっかい夢を持つ。
だから、人間は勉強できる。

勉強ができない。
勉強したくない。
勉強がつらい。

こういう方いらっしゃると思います。

竹中さんは言います。

あなたの頭が悪いからそうなるんじゃない。
勉強に向いてないからそうなるんじゃない。
才能の差じゃない。

あなたにはでっかい夢が足りないんだ。

売れているビジネス書の条件。
読者にでっかい夢を抱かせること。
佐伯は勝手にそう考えていますが、竹中さんの本は読者にでっかい夢を抱かせてくれるビジネス書です。
なんか、竹中式マトリクス勉強法を読んで僕は竹中さんが好きになりました。

皆さんは僕のように食わず嫌いにならずに読んでみてください☆


ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

時間術とはどうすることか

「ビジネス書の読み方」

第二回
「時間術について」②

時間術には2種類の意味があると第1回で書かせていただきました。

今回は時間術とはどうすることか、について書きます。

時間術というのは、効率的に時間を使うことがまずあるわけです。

効率的に時間を使うって書くと難しそうですが。

簡単です。

「~しながら~をする」

これだけです。

つまりは。

電車で通勤される方なら、

「電車で通勤しながら、新聞を読む」

ということです。

え?それだけ?
それならやってるよ。

なんて思った方もいるでしょう。

本当に時間術っていうのは、突き詰めるとそれだけなんです。

でも、大事なことがあります。
それは。

何のために「~しながら~をする」をやるのか。ということ。

さっきの例でいえば、習慣だから「通勤しながら新聞を読む」ではダメなんです。

10日後の会議のプレゼンのネタを探すために新聞を読む。
とか。
仕事が終わって夜にFXのネット取引をやるからその情報収集のために読む。
とか。

目標や目的をもって、同時進行にできることはないかを常に考えること。
時間術というのは、夢の達成のために身につけるものです。
24時間しかない1日。なるべく有意義に使いたい。そのために、二つ同時にできることがあればやる。
新聞を読むと通勤をする。
は同時にできますよね。

他にもたくさんの時間を効率的に使う方法があります。

ビジネス書の数だけ、時間術があります。

何冊読んでも損にはなりません。

売れているビジネス書だけではなく、棚にささっているビジネス書も、あなたの心にひっかかるものがあれば手にしてください。

絶対にあなたの力になります!!

ビジネス書はあなたのためにある。そう感じていただければと思います。

次回は、幸せな時間を過ごす方法を書きたいと思います。

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

長谷川慶太郎の大局を読む


↓↓
長谷川慶太郎の大局を読む(2009年)

毎年、出ているシリーズのようです。

サブプライムローン問題は終わった!!
衝撃的な内容。

なぜか。

ドルはそこまでやわじゃない。
日本が高度成長を遂げ、世界でトップになろうとしたとき。

円がドルに代わるといわれた。

しかし、ドルはその地位を守り続けた。

ドルの底力は思う以上にある。

ドルを。
アメリカを。
世界の経済を。

簡単に見限っていいのか。

目の前にある状況に目を奪われすぎるな。長谷川さんの厳しいメッセージが、「大局を読む」にはあります。


ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!


↓↓
細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!


数学的思考力って言われると、難しい気がしてなかなか読めなかった本なんですが。

思い切って読んでみると、数学的思考力=「全体を見つめる力」といえそうです。

全体像を見抜く力と言えるかもしれません。
全体像を見抜く力と言えるし、ある事柄を自分で定義し、定義したことを他人に伝えられる力と言えると思います。

本書の中の一例を取るなら。

宝くじがありますよね??

うまくいけば、数億円を手に入れられるから買うって方もいらっしゃると思います。
でも。
宝くじは地域振興券なんだ。
と定義すれば(定義というか事実ですが)

宝くじを買うことは、地域の活性化に役立ちそのうえで、数億円を手に入れられる夢を見ることができる。

宝くじの定義を少し変えてみると、はずれても地域のためだしいっか、ってなりませんか?
ならないかもしれませんね~(笑)

宝くじが地域振興券だ!なんてことはみんな知ってる。と思う方もいると思います。当然です。

でも、当然のことを当然となかなか人は考えない。
つまり、当然って意外に落とし穴なんですね。
当然という落とし穴にはまらない思考力を手に入れる。

それが、細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!の狙いです。

細野さんが言っている「数学的思考力」を手に入れることができれば、物事の本質をつかむことができるようになります。

売れているビジネス書は物事の本質を見抜く力をとても大切にします。

早く読めばよかったと、ちょっと後悔してしまった佐伯でした。




ビジネス書が売れている



theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

時間術とは何か

ビジネス書の読み方

第一回
「時間術とは何か」①

ビジネス書のことばかりではなく、ビジネス書の中身になりやすい言葉について少し書いていこうと思います。

まずは、時間術について。

時間術は仕事術や勉強術にもつながるビジネス書の中の言葉としては、かなり重要なものです。

そして、ちょっとややこしい言葉でもあります。

なぜなら。

時間術には、大きく分けて二つの意味があるからです。

普通、時間術と聞いて皆さんが思い浮かべるのは、「効率的に時間を使うノウハウ」ではないでしょうか。

ビジネス書の多くは、「効率的に時間を使うノウハウ」として時間術という言葉を使っている場合がほとんどです。

しかし。

いかに幸せな時間を過ごすか。

「幸せな時間の過ごし方」も時間術の意味として使われるようになってきています。

時間術について書かれたビジネス書はたくさんありますし、事実、よく売れます。
でも。

でもですよ。

時間効率ばかり考えてるのって、なんだか時間に支配されてるように感じませんか??

逆に、幸せな時間を過ごすって考えると、時間を使うのは自分なんだと思えませんか??

時間術のビジネス書を買おうと思っている方。
自分は時間を管理して、何がしたいのか考えてみてください。
その答えが出た時、きっとあなたにぴったりなビジネス書があらわれると思います。

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

自分ブランドの教科書


↓↓
自分ブランドの教科書

坊主に鬚。
会社規則に反しながら、伊勢丹のカリスマバイヤーになった藤巻さんの熱すぎるビジネス書です。

自分を強くするには、自分の武器を作ることだ。
自分の武器を作るには、今自分がいる場所で前向きに頑張ることだ。


元伊勢丹の異端児の
普通にまじめなメッセージがつまった一冊です。

最終的には人のために働くことがあなたのためになる。

一流の人たちの中で、超一流になった著者の熱い熱い思いが伝わってきます。

値段の割には、内容が薄い気もしますが。

物事の一番大事な部分に気がついてほしい。注目してほしい。
藤巻さんの気持ちから、ページ数が少なくなったのかも知れまません。

ビッグな人間になるために必要なことを、短時間で学びたいなら、この本しかありません。

ビジネス書が売れている


theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

返品

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.12 「返品」

昨日は、50冊ほど、ビジネス書を返品しました。

本が売れないリスクは出版社が負うことになっています。だから、書店で売れなかった本は返品するんですが。

ダンボールに返品する本を入れるときが、一番悲しいです。

いい本なのに。

さようなら。

心の一部を取られたような気がします。

本一冊に。
たくさんの人の思いが込められている。
それを思うととても悲しくなるんです。

ビジネス書は、本当にいい本ばかりです。
はずれはありません。

みなさん、どんどん買ってください。
僕も買います。

ビジネス書が売れる社会は上昇志向のある社会。
そして。
絶対、いい社会につながります。

また、明日も返品はすると思いますが。
一冊でも多くのビジネス書がみなさまの手に届くことを願っています。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

大暴落1928


↓↓
大暴落1929


リーマンショックで、古典がひっぱりだされてきました。

第二次世界大戦を引き起こしたといわれる1929年の世界恐慌。

世界はどう乗り切ろうとしたのか。

過去を学ぶことで、未来への指針とする。

古典が色あせないのは、過去を学ぶ大切さを僕らが知っているからですね。


世界はつながっている。
経済、気候、もろもろ。
自分の住んでいる国にいると気がつかない。
そんな感覚は政治家だって、世界を股にかける商社マンだって同じなのではないでしょうか。
今の世界を感じられないなら、過去の世界の動きを学ぶ。
学ぶことで新しい答えを得られる。

学ぶ姿勢を忘れずにいたいですね。



ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

一流の思考力


↓↓
一流の思考力

ちょっとマイナーな方たちの思考力話なんですが。

マイナーというと失礼ですが。

こういうたくさんの方が集まってできた本はよく売れます。

結局、思考力というのか。

問題の取り組み方。
考え方は人それぞれ何です。

だけど。

前向きであること。

ピンチも歓迎だと思えること。

共通点もたくさんあります。

成功者の誰かの考え方とあなたのマインドに近いものが必ずあるはずです。
自分にあったマインドを探す。

大事なことだと思います。



販売価格 1050年

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

三省堂一位!!

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.11「三省堂一位」

三省堂書店さんで売上一位のビジネス書が発表されました。

ソロスは警告する

です。

リーマンショックのために、売れまくっているといっていい本ですね。

僕の店でも、よく売れます。

ちなみに、三省堂書店さんと教科書やらを出版している三省堂さんは別だって知ってました??

知っておくとちょっと自慢できるかもしれません。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

SCM経営を「見える化」で成功させる実務


↓↓
SCM経営を「見える化」で成功させる実務

東京百貨店戦争。
東京だけじゃなくて、全国の百貨店の中で勝ち続けている伊勢丹の強さの秘訣。

それは徹底した在庫管理。

在庫を切れさせない。

在庫を余らせすぎない。

伊勢丹の強さはいろいろありますが。

レイアウトとかもろもろ。

でも、お客にとって一番は「欲しいものが欲しい時にちゃんと買える」ではないでしょうか。

簡単に真似できることではないですが、勉強しないとできないと思います。

在庫管理に効く本を探している方には、おすすめしたい本です。
書籍にしては本の価格はなかなかですが、僕の店ではけっこう売れます。

僕は経営の本の善し悪しはよくわかりませんが、一番売れるのはこの本です。

販売価格 2940円

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

伊勢丹だけがなぜ売れるのか


↓↓
伊勢丹だけがなぜ売れるのか


東京百貨店戦争。

戦争じゃないよ。
伊勢丹の独走で、もう出来レースみたいですからね~。

じゃあ、伊勢丹はなぜ独走できたのか。

レイアウトを見やすくして、お客さんがお店の前で立ち止まるようにした。

商品を見やすく配置して、お客さんが移動しやすい配置にした。

お客さんの滞在時間を長くして、商品を買う確率を上げた。

商品を見る回数が増えれば、お客さんが買う確率は上がりますよね。

そして。

ニーズに合わせて商品を置く。

在庫切れをなくして、売り逃しを防ぐ。

伊勢丹独走の秘訣はこんなものです。

そう当たり前なんです。

当たり前のことを当たり前にする。

それが伊勢丹の強さの秘密なんです。

「伊勢丹だけがなぜ売れるのか」は伊勢丹の強さの秘密を惜しむことなく教えてくれるのですが、肝心の具体的な方法までは押してくれません。

たとえば、在庫切れをなくしたり、在庫がありすぎる状況を打破するにはどうしたらいいのか。
そういうところに答えてくれる本ではありません。

それが、残念といえば、残念です。

販売価格 1680円

ビジネス書が売れている



theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

さあ、才能に目覚めよう


↓↓
さあ、才能に目覚めよう

不思議と売れる本です。

今日、「さあ、才能に目覚めよう」を探してるんですけどといわれ、案内できなかった佐伯です。

だめだめです。

毎日、新しいビジネス書が来るからって、ビジネス書担当が尋ねられた本をちゃんとお客様の手に届けられないなんて。

今日、この本を買われた方は女性でした。
スーツも着こなしていて、できる女というオーラがありました。

たぶん、実生活でもばりばり一線で頑張ってらっしゃる方なんでしょう。

この本を買われた方だけじゃなくて、ビジネス書を買われる多くの方は、もうすでに何らかの成功を収めている方に見えます。

そこで妥協せずにもっともっと上へ。

才能がないからこの本を買われたんじゃなくて。
まだまだ自分には才能がある。
そんな自信が伝わってきました。

道を模索する人にも、もっともっと上へ行きたい人にもビジネス書は必要なんだと感じました

販売価格 1680円

ビジネス書が売れている


theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

東大合格生のノートはかならず美しい


↓↓
東大合格生のノートはかならず美しい

そんなに、東大生のノートを見たいのでしょうか。

なぜか、売り切れてしまいました。

50冊ほど入荷したのですが、売り切れ。

ビジネス書としては、異例の売れ具合です。


昔、頭がよくたって仕方ないみたいな風潮がありましたが。
今は、東大京大とかよく言われるようになりました。

頭がいい人へのあこがれだけじゃなくて。

日本一の大学に入るための勉強法の中にビジネスに生かせるものがあると、認知されるようになったからだと思います。

頭が良くなることがどんどん推奨されて。

いい社会になればいいなぁと思ってます。
綺麗な装丁の本で見ていると癒されるビジネス書でもあります。


販売価格 999円


ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

サラリーマン「再起動」マニュアル 


↓↓
サラリーマン「再起動」マニュアル

不況不況といわれる中。

そこで勝ち残るのもすべては自分の責任だ。

できるできないはすべて自分のせいだ!!

熱くてきついメッセージだけど。

これを読む人すべてにいい人生を送ってほしい。

自分はだめだなんて思わないでほしい。

やればできることを感じてほしい。

そんな作者さんの願いを感じます。

今、売れているビジネス書の特徴として表紙を黒と白の二色で構成する。っていうのが、あるんですが、この本もそうですね。

でも、黒と白の二色って、実はすごく勇気がいるんです。

内容がしょぼかった時に、よりマイナスに感じられるので。

だから、出版社と著者が本当に自信を持って世のサラリーマンの方々に提供できる本にしかそういうことはできないと思います。

これから話題になるビジネス書です。


販売価格 1575円

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

年収2000万の仕事術


↓↓

年収2000万の仕事術



今の職業で所得を得ながら、働かなくても収入を得る方法を紹介してくれます。

紹介だけではなくて、方法も丁寧に教えてくれます。

全部できれば文句ないですが、一つでもできれば、2000万を稼ぐことは可能かと思われます。

株。

ネットショッピング。

ネットオークション。

それらを駆使して、不労所得の得方を丁寧に教えてくれます。

それだけではなくて。

現在の仕事の効率を上げる方法や勉強法も解説してくれます。

脳を生かすとかじゃなくて。

金だよ金。

という方にぴったり。

僕の店では売れているビジネス書の横に置いて、ふらっと買っていく人がいることを期待しています。

手に取る人は多いので、ランキングに入るのは時間の問題かも?
販売価格 1470円

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

ディズニーランド驚異のリピート力の秘密


↓↓
ディズニーランド驚異のリピート力の秘密

ディズニーランドから学べること。

それは、常に新しいことを生み出すこと。
生み出すことを続けること。

書くと簡単ですが、どう新しいものを提供するのか。
どう生み出していくのか。

実践と勉強からしか生まれません。

本を読むだけで新しいアイディアが生まれるほど簡単なものではないとは思います。

だけど、本を読むことで方向性というかそういうものはわかると思います。

ディズニーランドがいかに成功しているのか。

それを学ぶことで、自分の生活に生かしていけることがきっとあると思います。

店頭に置くとすぐに売れていくビジネス書です。
ぜひ。


販売価格 1470円

ビジネス書が売れている

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。