スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも仕事は「好き!」で選べ 感想&レビュー


↓↓
それでも仕事は「好き!」で選べ

この本を読んで思いだしたのは。
本田健さんの本「大好きなことをしてお金持ちになる
との出会いでした。

僕は書店で働く前は全く違う業種にいました。

新卒から正採用というラインは珍しいところで、だいたい1~5年働いて認められて正規に採用となるようなところでした。

僕は半年くらい働き始めてどうも採用されそうな空気を感じていました。

このまま採用されるか、この世の中に正規雇用という素晴らしい響。
なのに、全然、嬉しくなかった。

やりがいのない仕事ではなかったし、むしろ、ちゃんとやってたから採用されかけたのだと思います。

でも、僕は出会いました。
本田さんの本に。

そして、自分の好きなことを仕事にすると決めたのです。

その時の気持ちを思い出しました。

more...

スポンサーサイト

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 仕事 好き ビジネス書

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 』の著者、美崎さま我が店に!!

来店されることがわかっていれば。

今、軽く後悔の真っただ中。



「結果を出す人」はノートに何を書いているのか


の著者さまです。

まず何がすごいって。

男前。

これまでビジネス書の有名男子って、茂木さんと神田さん。

神田さんはすらっとしてていいんですが、写真になるとちょっとなんだろう。
なんなんでしょうね(笑)

もしくは、整理手帳の野口さん。

オーラはあります。

美崎さんは普通に男前でした。

トップビジネスマンで本売れてて(たぶん、もう次回作の話が出てるはず)かっこいい。

なんじゃ、それ。

そして、僕にとっては初めてのビジネス書の著者の方と対面!!

more...

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

佐伯のお店の中をちょっと紹介

開店前のお店☆

ランキング


ランキング、見にくいかもしれませんが。

やはり、僕の店ではこういうラインナップが強いようです。


売れる理由


僕の書いたポップ
字は汚いですが(笑)

売れている様は伝わりませんかね。

10冊近くあったのが残り2冊。

ちょっと自慢です。


スタバ


スターバックスが近くに2店あるので、便乗してみました。

売り上げはそれなり。

9月が終われば新しいフェアになるかも、です。

社長とランチ


実は、僕の店がチェーンで一番売ってます。といっても、4冊か5冊の売れで、でしたが。

これも、僕の汚い字のポップのおかげ(笑)

字が汚くても、熱意は伝わると勝手におもっています。


ポップを書く基準はしばらくそこに置いておける本です。

たとえば、全国ですごく売れている「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」は、ポップをつけるとすぐにポップの底(本と本との間にポップ立を挟んでいるので、めっちゃ売れる本だと、いつの間にかポップが倒れてたり本の邪魔をするので。

その辺は臨機応変に後でつけたり、いろいろします。

ちょっとずつお店の写真なども載せられたらと思います。


こんな僕の字とポップで良ければ。
ポップ作ってよというリクエストにもお応えしますので、ご意見ありましたら。
コメントかメールフォームまでお願いします。

ではでは。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

tag : ビジネス書 ポップ

創業者列伝熱き魂の軌跡 感想&レビュー


↓↓
創業者列伝熱き魂の軌跡


この時代にこんな男くさい泥臭いビジネス書をだすなんて、グラフ社さんは何を考えているのか!!

そして、そんな本を面で2面にして置いている僕はいったいなんなのか。

心を伝える。

それも、本のそして本屋の大事な仕事ではないか。

そう思います。

more...

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

tag : グラフ社 ビジネス書

またあなたから買いたい! 感想&レビュー


↓↓
またあなたから買いたい!


地味に。
地味に。
地味に。

売れている。

そして、売っている本です。

本当に地味~にですが、売れています。

こういう売れ方が僕の店らしいといえばそうなんですが。

more...

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

tag : 新幹線 徳間書店

ビジネス書を売れるようにする工夫

ビジネス書っておもしろい。
いや、書店のおもしろさ全体のことかもしれない。

いかに売るか。

売れるビジネス書をいかに作るか。
ということに日々苦心しています、アルバイトながら。

ほっといても売れるビジネス書というのもあるんです。

置くだけで売れていく。
それはそれでありがたいですが。

そういうビジネス書だと、チェーン他店もたくさん売ってるので。
日本一になれない。

そう日本一という称号がほしい。
できれば、チェーン店の中でではなく。
日本全体の書店で!!

かといって、そうそう日本一になれるようなうちの書店だけ爆発的に売れる商品をそうそう見つけられるわけでもないんですよね。
爆発的に売れるには、普段ビジネス書を読まない人の助けがいるわけで。
そういう人はやっぱり話題の本を買うわけで。
そうすると、お客さんの絶対数&店がでかいところにはなかなか勝てない。。。。

さらにさらに。
ビジネス書というのは伸び白がかなりあるはずなのに。
全体的にないがしろにされてる感もいなめない。

ってなわけで。

日本一のビジネス書をつくることも、もちろんですが。
いかに1日1冊確実に売れるように頑張るかというのがもっぱらな課題です、僕の勝手な(笑)

これをロングテール現象というそうで。

一冊爆発的に売れる商品よりも。
一冊一冊と売れていく商品の合計が爆発的に売れる商品の売り上げを超える現象を言うそうです。

まあ、茂木さんの本のように1000冊近く売れる商品はまた別ですが。

1か月に100冊いかにようなビジネス書がトップにある時は、ポップをつけていろんなビジネス書を売り伸ばすほうが前年比を超えやすいなぁと最近思っています。
実感でもあります。

どかんとフェアをやるのもよしですが。
外れる時もあります。
いや外れる方が多い。

僕の店で成功したフェアは。
ディスカバー21さんの「働く理由」やフォレスト出版さんの「大切な人に贈りたい」シリーズ。

やっぱり、僕の上司は偉大です。
ふと言いだしたフェアの的中率の高さ。

なんなんでしょうか。
上司についてはまた書きたいと思います。

さて。
結局、僕がやる対策としては。

いろんな商品に見づらくならないくらいのポップをつける。

ポップにもこだわりがあります。
個人的に。
これは上司のやり方をまねてるんですが。

手書き。
字が汚くて、これは逆効果じゃ??と自分でも思うけど手書きにこだわっています。

一時期パソコンで作ってたんですが。
それだと一枚作るのに時間がかかるし。
だったら、出版社さんがくれるポップでもいいわけです。

汚い字でも、その書店さんが書いてるってほうが売れると僕は思っています。

というか。

手書きポップを立てるとお客さんの手に取る率があがります。
後は、ほんの内容が良ければ買ってくださる。

そういうことなんでしょう。

more...

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

tag : ポップ

<貧乏>のススメ 感想&レビュー


↓↓
<貧乏>のススメ

いつも、ふいに届くミシマ社さんの箱。
直送で来るので。

一日の品出しがひと段落つくころにやってきます。

店長に言われて、到着していたことに気づき、本を出すことに。
その日は順調に仕事が終わり。
定時で帰られると思っていたので。
ちょっと、ミシマ社さんを恨みました。

いや、ちょっとどころではなかったのが正直なところ。

齋藤孝氏の著作だということで、多少は売れるかもしれませんが。

駄作だったら速攻で棚からはずしてやると心に決めて、休憩中にこの本を読みました。
翌日。
僕はこの本を購入していました(笑)

more...

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

tag : 齋藤孝

コーチングの神様が教える後継者の育て方 感想&レビュー


↓↓
コーチングの神様が教える後継者の育て方


どうして、後継者を育てるのか。

つきつめれば、自分の思いを残すため。

厳しくてなんだか優しいビジネス書でした。

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : 社長

だから、新書を読みなさい レビュー&感想


↓↓
だから、新書を読みなさい

新書をどう読むか。
新書を値段相応の読み物ととらえる人もいます。

値段通りの知識しか得られないと。

きちんと書籍から知識を得たいなら。
それなりの値段のビジネス書を買えという人もいます。

でも、それも考え方次第です。

more...

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : 新書

上半期ベストビジネス書。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

が、1位でした。


いい本だとは思いますが。

できれば、今、一線にいる人の本が1位になってほしかったですね。

と、ちょっとだけ思った佐伯でした。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

社長とランチ 感想&レビュー


↓↓
社長とランチ

マーケティング。
社長であること。
経営。

著者である川島さんが心から興味のある社長との会談を通じて。
会社にとって。
そして、その先にある大事なものについて明らかにしていきます。

more...

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

売れっ娘ホステスの会話術 レビュー&感想


↑↑
売れっ娘ホステスの会話術


会話には目的がある。


このことを知るだけで。

あなたの会話力はたぶん数倍上がる。

今、何のために自分は会話をするのか、それが意識できれば。
明日から会話の仕方は変えられる。

もちろん、それだけしか書かれていない本なんかじゃない。

more...

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : こう書房

領収書1枚で経理センスが身につく本 感想&レビュー


↓↓
領収書1枚で経理センスが身につく本


東洋経済さんから出た期待の最新刊。

早速読ませていただきました。

会計は難しい。

この本を読んで、やっぱり難しい(笑)

でも、この本を読まなければ、難しいは思いこみで終わってしまいます。

more...

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 経理 会計

書店のあり方

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.14 「書店のあり方」

今日は、まじめな話。

いや、毎回まじめにしてるんですが。

今日は定休日なので。
のんびりこんな時間に更新。

さて。

最近、気付いたこんなこと。

最近は、本の発注もインターネットでできます。
で、ネット上で在庫がありませんってなってる本が。
アマゾンや楽天では平気で売られている光景を時々目にします。

調べ足りないだけかもしれませんが。
ダイヤモンドさんや日経さんなど大手に多い気がします。


通販では買えて、書店が発注できない商品の特徴は。

経済書や経営書、マーケティングなどの内容が濃くて本自体が分厚いものが多いように思います。

書店でも売れるのですが。

書店で売れ数が伸びるのは、もう少しライトな自己啓発やわかりやすい会計、ノート術などになります。
そういう本はすぐに増刷がかかって、発注制限も特にかかりません。


こういう現象から思うに。

出版社さんが書店とのあり方を見直そうとしてるんじゃないかと思えます。


正直、少し専門的な本になると。
書店で内容を読んでみて。
という人よりも。

アマゾンや楽天で済ませる人が多いのではないでしょうか。

時間がある人なら、本屋で立ち読みして中身を吟味できますが。
時間のない人は、ダイヤモンド社だから日経だから東洋経済だからということで。
ネットで頼む人が多いんじゃないでしょうか。

勝間さんもご自身の本の中でおっしゃっていますが。
「本は値段にその内容が比例する」と。

であるなら。

多くのビジネスマンがその認識を持っていてもおかしくないですし。
とりあえず買うという人も多いはず。

さらに。

書店において立ち読みされて本が痛むリスクを取るより。
本当に欲しい人だけが頼むネット通販のほうがリスクも少ないと考えるのが自然。
高い本ならなおさら。
それにネット通販は現在配送無料がほとんどですから。
1500円以上としているところもありますが、ビジネス書は1500円は簡単に越えますので、一冊で。

ということは、買いたい人に買いたい分だけ売れるネット通販を書店より優先することはあり得ます。
それに。
専門書をたくさん置いている大型書店にしても。
目的の本を買いにいって、別の本を買ってしまう人が多い。
つまり、書い手の思考を読みにくいこともあるかと思います。

人というのはどうしても常に「他にいいものがあるんじゃないか」と考えてしまいがち。

だから、めっちゃいい本を買いに行くと心に決めていても。
違う本についつい手を出してしまって。
そっちを買うこともある。

リアルな書店だからこそあり得ること。


調べたわけでも、出版社さんに聞いたわけでもないですが。

そういう認識へ出版社さんも変わりつつあるんじゃないでしょうか。

じゃあ、書店は意味ないのか。
そんなことはありません。

書店の良さは、買いたい本+よさそうな本があったから、「ついでに」買っておこうということがあります。

世の中、人が本当に必要なものだけを買うようになったら、利益出ません。

ついでにとか。
こんなのもあるんだとか。

ついでに、買う。

これが積み重なって大きな利益を生むのだと思います。

だから、書店のあり方は。

ふらっと寄った人が手にとりやすく。
立ち読みでも、その本の良さが伝わる。

少しライトな本とでもいいましょうか。

ネットでは売り伸ばすことに限界がある商品を中心にすえる。
茂木さんの本なんてその典型でしょう。

話題になった→とりあえず書店で読んでみてって流れだったはずです。

手にとってこそ売れる商品。
たとえば、こんな本。
「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
この本は、チェーンで僕の店がダントツ一番に売ってます。

ダイヤモンド社さんにもたくさん入荷させていただいてます。

でも、楽天だと売り切れになってます。

こういう本はネットで売りにくく、手にとってもらって「ええやん、おもろいやん」って思ってもらってなんぼだと思うんです。

もちろん、ネットでよく売れる本も置いておく必要があると思います。
その辺はバランスだと思いますが。


書店のあり方の未来は。
手にとってもらってなんぼという本をきちんと見抜いて。
どれだけその本とお客さんとの出会いを演出できるかにかかっているんじゃないでしょうか。

なんて、偉そうなことを書いてみました。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

tag : ダイヤモンド社

35歳までに必ず身につけるべき10の習慣


↓↓
35歳までに必ず身につけるべき10の習慣



何歳までにほにゃららって本、実はあんまりって思ってたんです。

きっと、面白くないって。


やっぱり、食わず嫌いはダメですね。

出版社さんがその本を出すからには。
そこには理由がある。

改めて思いました。

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : かんき出版

実はこれから注目の本

ひそかに売れている本。

売れっ娘ホステスの会話術


やりますね、こう書房さん!!



この徹底した。
ディズニーランドシリーズとホステスシリーズ。


これがいいですね。


中身もかなり面白いですからね。

会話の具体例も載ってますから。


追っかけていきたい本です。

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : こう書房

うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み


↓↓
うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み


うそくせー。

表紙で感じた第一印象。


読まず嫌いな感じでしたが。
せっかくなので読んでみました。

more...

theme : 読書感想
genre : 本・雑誌

ビジネス書が売れいてる

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑
ビジネス書ランキング参加中!!
前向きにビジネス書が紹介できますので、応援お願いたします!!

佐伯大輔です。京都のとある書店で下っ端として働いています。
担当はビジネス書。

ビジネス書の新刊。
ビジネス書の売れ筋。
ビジネス書のベストセラー。
ビジネス書の特集。

色々紹介していきたいと思います。

ビジネス書は、小説のように作者で爆発的に売れることはありません。中身で売れます。
だから、面白い。
本当に面白い本はきちんと評価されるんです。

本屋に勤めるとそれがリアルタイムでわかります。

佐伯大輔が本屋での徒然も語りながら紹介していきたいと思います。
一時期、モチベーションが落ちて、更新が滞ってましたが。
開き直って、出版社や日常など。
関西弁でまくりでぶっちゃけていきます。
気づいたことなんでもいいのでコメントしてください。

このブログを復活させた佐伯の目標は、ビジネス書を売りまくって。
出版社さんからビジネス書をもらうことです!!

厚かましくはありますが。
出版社様や著者様からの献本もお待ちしております!
微力ながらこのブログで紹介させていただきます。

1冊やるから10冊紹介してくれ。
1冊もやらんけど紹介してくれ。
帯や表紙の汚れで店頭に出せない本でも、佐伯に送ってせめてブログで本を紹介してもらおう。

などなど、お待ちしております。
メールフォームにてご連絡ください。

気合のポップ?がたくさんあるビジネス書コーナーがある書店には佐伯がいるかもしれませんよ。



☆このページはリンクフリーですので、よろしければお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
↑↑
ビジネス書ランキング参加中!!
前向きにビジネス書が紹介できますので、応援お願いたします!!

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則


↓↓
スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則

スターバックスでも赤字になる。

トップブランドの光と闇。

圧倒的な取材力で。

やはりビジネス書の世界のトップは日経さんだと改めて感じました。

more...

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

地味に売り切れた商品

売り切れるというのは、在庫ゼロってことですけど。

書店の売り切れっていうのは。
残り一冊も売り切れみたいなものです。

面や平台に置かれている書籍が一冊になると。
買いにくくなりますからね。

というわけで。

あっという間に残り一冊になったのがこの本。




売り切れそうだったので、出版社さんに電話したらすぐに追加分をくれました。


ロゴの形色の理由から。

ビールのデザインの色になぜ赤を使うのかとか。

オールカラーで、解説がついています。

今日はポップを作ってつけました。

もっと売れると思われます。

theme : 書店
genre : 本・雑誌

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 


↓↓
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

結果を出す人のノート。

そのノートの取り方が書いてあるのかと思いきや。

ちょっと違います。

more...

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

なぜあの人は整理がうまいのか


↓↓
なぜあの人は整理がうまいのか

なぜだろう。

この本を読んだら涙が出てきた。

別にそういう内容ではないのだけれど。

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

人生を好転させる「新・陽転思考」


↓↓
人生を好転させる「新・陽転思考」


本を読んだくらいで人生が変わるわけがない。

でも。

変わるかもしれない。

変えられるかもしれない。

本の表紙の言葉、すごく好きです。

more...

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

売れる色の理由


↓↓
売れる色の理由


いやぁ、最初はすぐに返品しようとか思ってました。

すみません、C&R研究所さん。

でも、立ち読みしました。

中身を。


熱いですね。

熱すぎるっす!!

more...

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

自由な人生のつくり方


↓↓
自由な人生のつくり方


僕はこの本に救われました。

ディスカバーの本は空白が多い。

それは、言葉の重みを持たせているからなのかもしれません。

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

「お客様に真剣」ですか?


↓↓
「お客様に真剣」ですか?

さて、かんき出版の大ヒット御礼作品です。

僕の上司がやってやろうかって売り始めたんですが。


もう、250冊を軽く超えて売れてます。


うちの上司は天才です(笑)

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

2009年版リフィルが付いているからすぐ使えます!勝間和代の人生戦略手帳 スターターパック


↓↓
2009年版リフィルが付いているからすぐ使えます!勝間和代の人生戦略手帳 スターターパック

7000円弱。

売れるんかい!!


と思いきや。


ちょっとずつ、ほんのちょっとずつ売れています。


more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

部下を定時に帰す「仕事術」


↓↓
部下を定時に帰す「仕事術」


まず、この本の紹介文から
「大不況を乗り切る究極の働き方!うつ病の妻と自閉症の長男を守るために毎日6時に退社しながら社長にのぼりつめた男が編み出した「ワーク・ライフ・マネジメント」とは。」

です。


そこから生まれたのが部下を定時に帰す仕事術なんですね。

ワークライフの重要性。

more...

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

ブレイクの「瞬間」


↓↓
ブレイクの「瞬間」

来ましたよ!!


やっと、来ました『ブレイクの「瞬間」』20冊!!


失礼ですが。
本当に失礼ですが。

日経こそ、こうざっくり言えばこういう軽い本を出さなければいけないと思います。

なぜなら。

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

ブルーベリーアイのわかさ生活です。


↓↓
ブルーベリーアイのわかさ生活です。


この本はですね。

秘密があります。


僕にとっては、かなりの秘密が。

more...

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。