スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お先に失礼!」する技術 感想&レビュー


↓↓
「お先に失礼!」する技術



こんな素晴らしい本を500円で出版したWAVE出版さんに幸あれ!!


と、個人的には思うのですが。

正直、僕の店では売れませんでした。


35歳からのリアルとかのほうが売れてます。


個人的には、かなり気になる本だったので平積みして粘ったんですが。

ビジネス書の出版ラッシュにあえなく撃沈。

more...

スポンサーサイト

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

目標達成する技術 著・マイケル・ボルダック 感想&レビュー


↓↓
目標達成する技術


新刊である人を動かす技術と併せて読みたい本です。


新刊が出たので、慌ててその前の本を読むというダメっぷり。


やっぱり、フォレスト出版さんの本です。


読むと勇気が出る。


最初は、コノヤローって思いますよ。

余白多いわ!!って(笑)

でも、これがフォレスト出版さんなんだと思います。

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : フォレスト出版

1日10分!「おもてなし」ミーティングがあなたのチームを強くする。 感想&レビュー


↑↑
1日10分!「おもてなし」ミーティングがあなたのチームを強くする。


実は僕の店で密かに販売数を伸ばしている本です。

この本の出版社は、インフォトップ出版。

そうです。

情報アフィリエイトで老舗の会社。

なして、そんなところが本を出したのか。

情報アフィリエイトの延長的な本もちょっと前にはあったのですが。

今は一本一本まじめなビジネス書を作ってます。


別に他の本がふざけてたわけではないのですが。


どうなのでしょう。

今は、納得いく本を納得いくまで作ってるんじゃないでしょうか。

more...

theme : 本に関すること
genre : 本・雑誌

tag : なかや

プレゼントの経済学 感想&レビュー


↑↑
プレゼントの経済学


経済学を楽しく学ぶ読み物。

そう思って読めば。

かなり楽しく読めます。


経済は数字の動きだけじゃない。


数字とその数字に伴う人の感情のメカニズムを考えてこそ、経済なんだ。

改めてそう考えさせられました。

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : プレゼント

100円ノート「超」メモ術 感想&レビュー


↑↑
100円ノート「超」メモ術


さて、ついに東洋経済もこういう本を出したか。

うんざりだよ。


もう、ノート術はナナさんだけでいいよ。

って思ってたけど。


これはすごいよ。

なんといっても、綴じノートの弱点をアナログの弱点を見事に乗り越えたからだ!!

more...

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

山田真哉さんサイン本、もうすぐ売り切れ!!

我が店のブログで取り上げてもらおうかと思いきや。

もう、明日、明後日で売り切れますので。

山田さんのサイン本に出会い、運命を感じた人だけが買えるということで。

サイン2

こんな感じで陳列してます!!


サイン3

もう一人ゲストが来る予定だったのですが。。。。
そうあのオレンジの鉛筆の表紙のあの本の作者です(笑)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 、の著者さま。
諸事情で来られなかったのですが、一列にならぶとすごく素敵です!!

サイン4

これは、山田さんが回った書店のみの無料配布の同人誌です!!
今、これを書いているときにはなくなってると思いますが!!

サイン1

最後にサインの中身を紹介!!

丁寧に書いてくださって、本当に感謝感激です!!


やっぱり、サイン本があると売れ行きが違います。

あの山田真哉さんのサイン!!

っていうのもあると思いますが。


付加価値で買う人もいるんじゃないでしょうか。

今、小説の作家さんは営業として、サイン本をいろんな書店さんを回って書いているそうです。


ビジネス書の作者さんも必要かもしれません。


ビジネス書って、サインで売れるの?って思う人はまだまだたくさんいると思います。


だから、断る書店さんもいるかもしれない。


でも、5冊くらいだったら。

売り切れます。

サイン本は返品できませんから。
多すぎると売れなかったら、なんて心配もありますが。


5冊くらいなら、どんな書店でも売れるはずじゃないか、と思います。


5冊書いて、売り切れたら。
じゃあ、次もってなりますよね。

それがいい循環になる。


書いてしまって終わり、じゃなくて。


著者さんがこうやって書店を回ってくだされば、本が売れて著者さんもうれしい。
書店も嬉しい。
取次会社も出版社も運送会社もみんな嬉しい。
読者だって嬉しい。

ほうら、日本中、これで幸せですよ!!

というわけで、山田真哉さんにはこの場を借りて。
日本中を幸せにしていただき、本当にありがとうございます。

と伝えさせていただきます。



そして、ビジネス書を書いているあなた!!

次はあなたの番ですよ!!

って、誰やねんって感じですが。


佐伯の店に興味を持った方はメールフォームまでご連絡ください。

店に寄りたい場合は、前日までに「明日、行くよ」とか一報くださると助かります。



今回、山田さんのことでわかったこと。

ビジネス書のサイン本は売れる!!

ということです。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

初体験

今日は、お店になんと!!


公認会計士の山田真哉さまがご来店!!



緊張のため、あまりうまく話ができませんでした。。。。


後悔。。。。。


でも、まあ、しゃあないか。



more...

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

明日は資格の試験の日です!!

個人的なつぶやきですが。

明日は、資格試験の日!!


ま、合否に関係なく、就職活動する予定ですが(笑)

もし、本屋をやめてもこのブログは続けます。

僕にとって、ビジネス書はもう欠かせないものですから。


僕は以前、教師やってました。

やめちゃったんですよね。

めちゃくちゃつらかったわけでもなく。

生徒ともめたわけでもなく。

給料に不満があったわけでもなく。


だけど。

漠然とした不満はあった。
それは社会人みんなそうなのかもしれない。


でも。


教員免許の更新制などなど。


こちらがいくら頑張っても。
教師をないがしろにする社会の流れとか、
受験を馬鹿にする流れとか、
学校なんていらないという流れとか、


僕は絶対に学校に行かなければいけないとは思わないけれど。
それなりに生徒や児童が学校を楽しんでいることを否定する必要もないと思う。

学校が嫌な児童生徒はいていいというか。
当然だと思っている。
もっといろんな受け皿があっていいし。


で。

教師の力量不足とか、受験のための学校がいるのか、とか。


教師というのは残業がいっさいつかない。
有給だって、病気か家族に不幸がないと取れない。


教師という仕事だから、それは諦めてるし。
その諦めてることと。

教師の仕事がほとんど認められないことを受け入れることは違って、僕にはできんかった。


徹夜で授業の準備をしたり。
生徒のために、いろんな作品をつくらせて応募してみたり。

授業と授業以外で生徒が活躍できる場を探してみたり。

仕事以外でどれだけ頑張ってみても。


社会人したことないし、教師は常識ない。
常識ないしええ教師にはなれない。


とか、、、、、
ここでは書けないこともいろいろある。

それでも、文句も言わず現場で踏ん張っている方はたくさんいらっしゃる。

僕は踏ん張れなかった。

誇りとか金とかのことはよくわからないけど。
これを40年続けるのは、、、、、無理。

そう思った。

そう思ったら、力抜けて。
すごく止められたけど。
やめてしまった。

で、本屋で働いて。

ずっと、教育畑にいたから。
よくわからない。
社会のことは。
ビジネスマンと呼ばれる人たちのことが。


で、単純な話が。

じゃあ、ビジネス書読んでみようってことで。



まず、同じ人間に思えなかった(笑)


なんなんだ、この人たちは!!ってなった。

社長ってこんなにいるん??ってなった(笑)


知らなかった。

こんな世界があるなんて。



こんなことやっていいのかわからんけど。
今度は能力給があるような場所で勝負したいと思う。


どれだけ努力しても給料が変わらないとこは。
それはそれでメリットデメリットがある。

今度は、できなければお金がもらえない場所へ。


そう思えるようになったのもビジネス書のおかげ。

この考えが間違ってるんかもしれへんけど。


やってみたいと思う。


とか、つぶやいてみた。


書きたいビジネス書のことがたくさんありますが。

気長に待っていただけたらと思います。


あ、明後日、我が店に。

ビジネス書の著者の方がいらっしゃいます。
とんでもなくビッグな方が。

ちょっと、緊張してます!!

というわけで、ビジネス書の話はまた。

では。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

昔のビジネス書を読む

昔のビジネス書を読んでいる。


すると。


あんまり、今のビジネス書と変わらないなぁって思った。


結局、ビジネス書をたくさん読むことも大事だけれど。
きちんと読んだビジネス書から学びを得ようとしなければいけない。

というとんでもなく基本的なことを改めて考えたわけです。


いま、資格試験の勉強で。
ビジネス書の感想を書けてないわけですが。

今週あければまた書いていきますので。

みなさん、よろしくお願いします。


といっても、ちっこいブログですが。


ではでは。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。