スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動経済学って何

ビジネス書の読み方

第4回 「行動経済学って何」

最近というわけじゃないですが、「行動経済学」という言葉をよく耳にします。

ちょっと難しそうですが、簡単です。

よく例で言われるのは、
「ビールは一口目がおいしい」

ビールを飲みたい!!って思ったとき、思い浮かべるのはビールの一口目の味じゃないですか?
つまり、ビールが飲みたくなって200円で買ったとしたら、一口目に180円くらいの価値があると考えるのが行動経済学です。

飲めば飲むほど、ビールのおいしさって減っていきませんか?
当たり前ですよね。

経済というのは人間の感情で動く。
当たり前なのに、けっこうみんなが忘れていることを考えるのが「行動経済学」と言えるのではないでしょうか。

「行動経済学」をうまく応用しているのが「和民」です。
「和民」がどうして儲かるのか。
居酒屋にしては安いのに。
理由は酒の種類が豊富。

一杯目は何でもおいしいですが。

ビールの後の梅酒。
梅酒の後の日本酒、焼酎。

一杯目の一口目には及ばないかもしれないですが、一口目のおいしさが種類の分だけ楽しめますよね。
種類があるから、あと一杯って思ってしまって。
そうしたら、あと一品って食事も頼んでしまう。

お酒の種類が豊富だと、あと一杯って飲みたくなりませんか??

人間の感情をうまく儲けにつながる仕組みをつくっている店。
たくさんあるはず。
探してみてください☆

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。