スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書店のあり方

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.14 「書店のあり方」

今日は、まじめな話。

いや、毎回まじめにしてるんですが。

今日は定休日なので。
のんびりこんな時間に更新。

さて。

最近、気付いたこんなこと。

最近は、本の発注もインターネットでできます。
で、ネット上で在庫がありませんってなってる本が。
アマゾンや楽天では平気で売られている光景を時々目にします。

調べ足りないだけかもしれませんが。
ダイヤモンドさんや日経さんなど大手に多い気がします。


通販では買えて、書店が発注できない商品の特徴は。

経済書や経営書、マーケティングなどの内容が濃くて本自体が分厚いものが多いように思います。

書店でも売れるのですが。

書店で売れ数が伸びるのは、もう少しライトな自己啓発やわかりやすい会計、ノート術などになります。
そういう本はすぐに増刷がかかって、発注制限も特にかかりません。


こういう現象から思うに。

出版社さんが書店とのあり方を見直そうとしてるんじゃないかと思えます。


正直、少し専門的な本になると。
書店で内容を読んでみて。
という人よりも。

アマゾンや楽天で済ませる人が多いのではないでしょうか。

時間がある人なら、本屋で立ち読みして中身を吟味できますが。
時間のない人は、ダイヤモンド社だから日経だから東洋経済だからということで。
ネットで頼む人が多いんじゃないでしょうか。

勝間さんもご自身の本の中でおっしゃっていますが。
「本は値段にその内容が比例する」と。

であるなら。

多くのビジネスマンがその認識を持っていてもおかしくないですし。
とりあえず買うという人も多いはず。

さらに。

書店において立ち読みされて本が痛むリスクを取るより。
本当に欲しい人だけが頼むネット通販のほうがリスクも少ないと考えるのが自然。
高い本ならなおさら。
それにネット通販は現在配送無料がほとんどですから。
1500円以上としているところもありますが、ビジネス書は1500円は簡単に越えますので、一冊で。

ということは、買いたい人に買いたい分だけ売れるネット通販を書店より優先することはあり得ます。
それに。
専門書をたくさん置いている大型書店にしても。
目的の本を買いにいって、別の本を買ってしまう人が多い。
つまり、書い手の思考を読みにくいこともあるかと思います。

人というのはどうしても常に「他にいいものがあるんじゃないか」と考えてしまいがち。

だから、めっちゃいい本を買いに行くと心に決めていても。
違う本についつい手を出してしまって。
そっちを買うこともある。

リアルな書店だからこそあり得ること。


調べたわけでも、出版社さんに聞いたわけでもないですが。

そういう認識へ出版社さんも変わりつつあるんじゃないでしょうか。

じゃあ、書店は意味ないのか。
そんなことはありません。

書店の良さは、買いたい本+よさそうな本があったから、「ついでに」買っておこうということがあります。

世の中、人が本当に必要なものだけを買うようになったら、利益出ません。

ついでにとか。
こんなのもあるんだとか。

ついでに、買う。

これが積み重なって大きな利益を生むのだと思います。

だから、書店のあり方は。

ふらっと寄った人が手にとりやすく。
立ち読みでも、その本の良さが伝わる。

少しライトな本とでもいいましょうか。

ネットでは売り伸ばすことに限界がある商品を中心にすえる。
茂木さんの本なんてその典型でしょう。

話題になった→とりあえず書店で読んでみてって流れだったはずです。

手にとってこそ売れる商品。
たとえば、こんな本。
「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
この本は、チェーンで僕の店がダントツ一番に売ってます。

ダイヤモンド社さんにもたくさん入荷させていただいてます。

でも、楽天だと売り切れになってます。

こういう本はネットで売りにくく、手にとってもらって「ええやん、おもろいやん」って思ってもらってなんぼだと思うんです。

もちろん、ネットでよく売れる本も置いておく必要があると思います。
その辺はバランスだと思いますが。


書店のあり方の未来は。
手にとってもらってなんぼという本をきちんと見抜いて。
どれだけその本とお客さんとの出会いを演出できるかにかかっているんじゃないでしょうか。

なんて、偉そうなことを書いてみました。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

tag : ダイヤモンド社

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。