スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<貧乏>のススメ 感想&レビュー


↓↓
<貧乏>のススメ

いつも、ふいに届くミシマ社さんの箱。
直送で来るので。

一日の品出しがひと段落つくころにやってきます。

店長に言われて、到着していたことに気づき、本を出すことに。
その日は順調に仕事が終わり。
定時で帰られると思っていたので。
ちょっと、ミシマ社さんを恨みました。

いや、ちょっとどころではなかったのが正直なところ。

齋藤孝氏の著作だということで、多少は売れるかもしれませんが。

駄作だったら速攻で棚からはずしてやると心に決めて、休憩中にこの本を読みました。
翌日。
僕はこの本を購入していました(笑)

齋藤孝さんは僕の読まず嫌いの代表選手で。

こんなに本を出して、内容大丈夫なんかい?

と思ってました。

でもね。

大丈夫です。

書いてある内容を書くと。
陳腐になっちゃうので、どう書いたものか。

でも、こう書いても陳腐になります。

この本から、僕は勇気をもらったし。
明日を生きる元気をもらったし。
とにかく、この本にそばにいてほしいと思った。

ね??

ありきたり&陳腐。

でも、そうとしか書きようがない。

たぶん、この本は読む人を選ぶと思います。

共感できない人は全くじゃないでしょうか。

それでいい。
むしろ、そういう本がもっとあっていい。

もっと、がつがつ生きようぜ。
ハングリー精神もとうぜ。
貧乏が力に変わるんだぜ。

この本はきっとロックです(笑)

それだけじゃないんですけどね。
貧乏だったから。
不安で不安でしょうがなくて。
仕事をしてしまう。
そんな齋藤さん自身の言葉や体験も綴られています。

だからこそ。

この本に魅せられたんですけど。

齋藤さんが持っていた弱さや貧しさを。
さらけ出してくれてるから。
言ってることはわかるけど、貧乏なんて嫌だよなんて気にならない。
齋藤さんだって戦ってる。
じゃあ、俺だって。

そんなふうに、思える。

ふとページを開いて。
そのページを読むだけで。
勇気ややる気がわいてくる。

正直、こんなビジネス書には出会ったことなかった。

たぶん、本当に僕にフィットしたビジネス書なんだろう。

現に、棚に置きだしてから売り上げは1。

その1冊は僕ですから(笑)

もし、自分で出してなかったら休憩中読みもしなかったわけだから。
本との出会いはわからない。

もしかしたら、じわじわ話題になって売れてくるかもしれない。
その爆発力はあると思う。

これから注目の一冊です!!

theme : 今日の一冊
genre : 本・雑誌

tag : 齋藤孝

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。