スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社って楽しい? 感想&レビュー


↓↓
会社って楽しい?


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」の美崎さんの新刊です。

これから続々新刊出ると思いますが。

まず、この本を見て僕とビジネス書担当の社員さんの会話。

「なんでや、美崎さん!!」
「山田真哉さんと知り合いなら、なんで山田さんの会計の本の絵にせえへんかったんや」

と。

ちょっと不満でした。
というかちょっとどころじゃなく不満でした。
この出版社はせっかく売り上げの取れるビジネス書作家をつぶす気かと(爆)

んが、内容を読むと、絵の雰囲気がぴったりなんですよね。


というかね。


美崎さん、すごいわ。
この本を読んで、その内容を次の日には知らず知らずに実行できるんですよ。
というか。
してるんですよ。

ああ!!俺、実行してるやん!!って気付くんですよ。

もしかして。。。。。


美崎さんの本を、100万人のビジネスパーソンが読めば、日本が美崎さんに洗脳されるんじゃないのか!!
と真剣に思ったほどです。

というのも。
この本を読んだのが1月の29日。
ファイナンシャルアカデミーのセミナーが30日だったわけです。

で、美崎さんの新刊にはセミナーの受け方という部分もあったわけです。

ものすごくかいつまんではなすと。

最前列に座って、講師の話をオーバー気味のリアクションで聞いているとおもろい話を聞けるねんでっていう内容だったんですが。

30日、僕が大阪のセミナーに行くと。
受付のお姉さんに、前からお座りくださいと言われる。
見ると、席にぎっしりパンフが置かれているので、前から詰めないと大変だなと理解する。
前の開いている席に座る。
と、卓の前で講師さんの目の前だと気づく。
一度席を取ったのに移るのはなんだか恥ずかしかったのでそのまま行くことにする。
ふと、美崎さんの本の内容を思いだす。
セミナーが始まる。
とりあえず、うなずきまくる(笑)

笑うところと思ったところはなんとか笑ってみる(笑)
とにもかくにもうなずきノートを取り、またうなずき、ノートを取る。
目が合ったと思った時はさらにうなずいてみる。
と、なんか目が合う回数が多くなった気がする。


で、セミナ―が終わる。
セミナーが終わってから、講師の方が最後にアドバイスを帰りゆく人に贈る。
それがいつの間にか、僕個人にくれるようになる。
なんか質問したいのだけれど、何を聞いていいかよくわからなかったら。
僕の隣の席の人がいろいろ質問する。
僕をセミナー中見てたのかはわからないが、こっちに顔を向けてくれてたので。
僕の周りの人も質問しやすい感じになったのかなと推測する。

で、セミナー以外の面白い話をいろいろ聞かせてもらえる。
「実はこうなんですよ」
なんて話をいくつか聞かせてもらえた。

結局、僕の席にいた人。
ひとつのテーブルに3人掛けの人は最後まで残って質問。
僕は何もすることなく、いろんな話が聞けました。


これか。
これが、セミナー講師からいい話を聞き出すってやつかい!!

んん??

気付けば、俺のノートにはビジネス書を切り取った表紙がべたべた貼ってある。
それも美崎さんの影響だ!!


うわ、恐っ(笑)


ビジネス書って読んでもなかなか実行に移せないんですよね。
勝間さんのとか、特に。

勝間さんより美崎さんの方が優しいことが書いてあるというわけじゃなくて。


勝間さんは外資系でばりばり仕事をした人で。
美崎さんは物にある価値をつけることを考えて、開発し、売る仕事なんだと思います。

ざっくり言えば。

その違いなのかなと思っています。

勝間さんの本は何度か読んで咀嚼して、自分なりにやってみる。それはそれでいいんだと思います。

美崎さんの本は気付けばやってて、やったらできて、できたからたぶん習慣化していくのだと思います。
美崎さんの仕事は人の感情に訴えて買うという行動を起こさせないといけない。だとすれば、自然に本を読むと行動していても不思議じゃない。



伝えたいことをうまく伝えるという意味で、勝間さんと美崎さんは似ていると思ってましたが。



美崎さんは、ビジネス書の世界を変えるかもしれませんね。



大袈裟にいえば、美崎さんの本を読めば、明日が変わるんですよ。

明日が変われば、明後日も変わる。

でも、明日からできること集っていう本じゃない。
未来を変えていくのは一つ一つの積み重ねで。
そういうことが美崎さんの本を読めばわかる上に。
細部のひとつひとつは誰でも再現できるというのか、やればできるものなんですよね。

勝間さんの「やればできる」は、「やればできる」ってことは理解できるし。
仲間とやればモチベーションが持つってことも理解できる。
じゃあ、実際はつーと、ちょっと考えないとできない。
それが悪いことじゃなくて。
考えてやることが大事ではある。

でも、考えなくても一歩踏み出せてて。
一歩踏み出せば、後ろ脚って勝手に動くから、もう一歩進んでて。

おお!!ってなるのが、美崎さんの本の正体かもしれない。

すげーよ。

ほんまにそれって、すげー。


次回作が楽しみだ!!

theme : 紹介したい本
genre : 本・雑誌

tag : 会社

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。