スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小売業を守れ!!

ファミリーマートによった時のこと。
中学生の女の子がでかい声で言った。
「ここ防犯カメラあるし、無理やって」

あなたの街でも、ひとつやふたつあるはずだ。
万引きで潰れた店が。

政権与党にどうしても訴えたいことがある。

それは、小売りを守る法案を作ってもらうことだ。

厳密にいえば。

情報の持ち出しの禁止
万引き
迷惑行為に対する処罰


これらの厳罰化、そして、防犯カメラの証拠能力を強く認めてほしい。

まず、小売りというのは、今の日本には欠かせない。
というか、商売において基本となる。

本屋で考えるなら。

出版社(物を作る側)
出版社の中に、作者も含まれるだろう。

これを運搬する運送会社。

集まった本を書く書店に配る取次会社。

そして、実際に売る書店。



こういった商売にはこれだけの人たちが関係している。
一つ一つの利は少ないかもしれないが。
多くの人がこれにより収入を得ていることは明白。

だが。

犯罪者、迷惑行為を行うものがそのシステムを破壊する。というか。
破壊しているのだ実際に!!

僕が勤めていた店では、新卒サラリーマン2人分の年収分の本が盗まれていたらしい。
売り上げで考えると。

僕が思うに。
万引きをなくすだけで、その経済効果ははかりしれない!!

防犯カメラに証拠能力を持たせ。
万引きを現行犯以外にも、カメラ映像で逮捕できるようにする。
画像解析ソフトの能力があがっており、十分可能なはず。
顔の識別、商品の識別。できるはずだ。

さらに、賠償金も取れるようにする。

賠償金は盗んだ金額の100倍が妥当だろう。未成年の犯罪も多い。賠償金は取れるようにしておくことが肝心。
馬鹿な弁護士は、「万引きぐらい」という表現を公の場でも言ったりするが、万引きはいまや日本の経済の問題だ!!

防犯用の人員を配置する経費や防犯カメラ設置の費用を考えれば100倍の金額は妥当。

さらに、本の内容を携帯に記録しようとする輩が多い。
これに対しても、罰則を儲けるべきだ。
悪質な場合は賠償金とともに、刑事罰も与えるべき。


金をばらまかなくても、法律をつくるだけでこの経済効果はすさまじいはずだ。
暮らしを守るのは、何も経済政策だけじゃない。

犯罪をきちんと取りしまる。

これだけでかなり効果があるはずだ。

ぜひ、こういう法案をつくってほしいものだ。

誰もそうは思わないのだろうか。

theme : 雑記
genre : 本・雑誌

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。