スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールビズ前倒しの効果はないのではないか?

電力節電のために、クールビズを早めにやろうという案が出ているらしい。

やってもいいんだけど。
ピーク時の電力を抑えないと意味がないんですよね?

節電ムードをつくるのはすごく大事なんだけど、
節電は結局、いつ、どれくらい必要なのか。

それをきちんと示す必要があると思う。

東北・関東大震災から1カ月が過ぎて、
報道もかなり控えめになっているけれど、
電力問題や原発の問題はまだ残っている。

クールビズというみんながそれなりに知っていて、
すぐに実践できることに目を向けさせるのは、
それなりにいいことなんだろうけど、なんだか国民をバカにしてるように思う。

もっと、きちんち説明してくれたらいいのに。
例えば、夏の甲子園を中止にすればいいという案が出ている。
夏の甲子園をやってしまうと、夏の一番熱い時期に、
テレビと冷房の電気消費量が一気に増えるからということらしい。

東京と言う日本の心臓部が止まるか止まらないかということと。

2011年の夏の甲子園を中止すること。

経済活動のほうが大事って言ってしまうと、
冷たいように聞こえるけれど、
それぐらいの国難なんだと思う。

夏にやるなということで、2011年は時期をずらす。

そんなことも考えたっていいはず。

小手先の節電じゃなくて、
批判されても、2011年は特別な年なのだから、
正直な見通しと、それによって多くの批判があっても、
厳しい政策をとってもいいように思う。

クールビズはいくらでも、協力する。
でも、もっともっと僕らが考える必要があると思う。
そんなことを思いました。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。