スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本一冊の重み

佐伯大輔は本屋コラムリアンVOL.10

「本一冊の重み」

書店には毎日たくさんの本がきます。

書店の大きさは変わらないので、来る本があれば去る本があります。

一冊も売れずに去っていく本ももちろんあります。

だけど。

一つ、たとえ、お客さんでもやってほしくないことがあります。

それは、荷物を本の上に置くこと。

本に失礼です。
というか、本から何かを学ぼうという人の姿勢ではないと思います。

荷物を本の上において立ち読みしている人の近くには誰もよりつきません。

荷物を置かれている本はもちろん、その周辺の本まで売れる機会が減ってしまいます。

たかが一冊じゃないんです。
その一冊にはたくさんの人の思いがあるんです。


本の上に荷物を置いて立ち読みをする人のまわりには変な空白ができます。

その人を中心にして誰も寄り付かなくなる。

それは本屋だけの話ではないでしょう。そんな人は日常生活でも周りから距離を置かれているはずです。

みなさんは、どうですか??

本の上に荷物を置く。
なんてことをしたりしていませんか??

theme : ビジネス・起業・経営に役立つ本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

ジャンル別・ビジネス書
ビジネス書をジャンルごとに分けています。気になるジャンルをクリックしてください。
月別アーカイブ
プロフィール

さえきだいすけ

Author:さえきだいすけ
教育関係の仕事をしながら、その立場から見るニュースの内容などを書いていきたいと思います。

メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
紹介してほしいビジネス書などがありましたら、ご連絡ください。 微力ながら協力させていただきます。
タイトル別・ビジネス書
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。